トップページ >プロフィール > ウィル・アイ・アム

ウィル・アイ・アム

私が翻訳している箇所もあり、長い間かかって一生懸命調べ上げたデータでもありますので、サイトやブログ、ウィキペディアなどへの丸写しはご遠慮ください。


名前 will.i.am (ウィル・アイ・アム)
本名 William James Adams Jr. (ウィリアム・ジェームス・アダムス・ジュニア)
出生地 アメリカ、カリフォルニア州ロサンジェルス、ボイルハイツ
出身 アメリカ、カリフォルニア州ロサンジェルス東部。 ヒスパニックが多く住む地域で、周りにあまり黒人がいない環境で育つ。
誕生日 1975年3月15日
星座 うお座
ルーツ アフリカン・アメリカン
名前の由来 最初のラップネームから、Will Chill(ウィル・チル) → Chill(チル) → MC WILL(エムシー・ウィル) → Minister Will 1X (ミニスター・ウィル・ワン・エックス) → Will 1X(ウィル・ワン・エックス)。 ある日、母親と一緒に歩いていたら、友達に会い「ウィル・ワン・エックス」と呼ばれ、 母親に「ウィル・ワン? 誰??」と聞かれ、 母親の前でラップネームで呼ばれる事が嫌だったり、 本名のウィルと呼ばれる事も好きだったり、Black Eyed Peasという名前に 改名したため、 本名のウィリアムにしようと考えついた。WILLIAMから、WILL I AM(ウィル・アイ・アム)になると気付き、 大文字でWILL I AMだと、自己中っぽいと感じ、小文字のwill.i.amにしようと思いついた。
性格 誰とでもすぐ仲良くなれ、友達も沢山いる。BEPのスポークスマン。
デザイナー ロサンジェルスにあるファッション専門学校、FIDMに在籍していた。01年から洋服デザインをしている。
i.am clothing ウィルがデザインしている洋服ブランドの名前。
will.i.am Music Group ウィルが06年2月14日に立ち上げたレーベル。
ソロ活動 01年からソロ活動を開始。 → 詳細はDiscoページで。
プロデューサー 色々なジャンルのアーティストのリミックスやプロデュースに参加、 ドラムプログラミング、シンセ、オルガン、ミキシング、プロデュース等を自身でこなす等、 様々な面を持つBEPのブレイン的存在。
母親 名前はデブラ。職業は教師。ずっと独身でウィル達を女手1つで育ててきた。 ウィルの他に3人の子供がおり、更に女の子2人、男の子2人を養子にしている。 ウィル曰く「俺の母親はスーパーママ」。
兄弟 ウィルは次男。兄が1人、妹が1人、弟が1人いる。 更にその下に、母親が養子にした子供が4人いる。
親友 BEPメンバー。特にアップルとは中学生から大の仲良し。一度も喧嘩した事がないとか。
愛車 GM社のハマーだったが、2007年7月7日に開催された地球温暖化を呼びかけるLive Earth出演時に 高燃費車で有名なハマーを破棄すると断言、今はエコカーに乗っているらしい。
Eazy-E 95年、エイズによって亡くなったNWAのラッパー、イージー・イーは、 BEPのマネージャーになる事を希望していた。 イージー・イーは、BEPを一緒に売り出していく責任があり、また売り出す手伝いをしようと、 亡くなる間際までBEPと一緒に過ごしていた。ウィルは、イージーが電話で最後に話したうちの1人で ブレイクする前からBEPを高く評価していた。
ゴシップ 初来日の時のウィル本人の告白。以前、大阪出身の日本人女性と付き合っていた事があるそうです。
NFL ウィルの叔父さんのリン・カイン(Lynn Cain)は、NFL(アメリカ・ナショナル・フットボール・リーグ)の アトランタ・ファルコンズの元プレイヤー。セントルイス・ラムズにも在籍していた。
アメフト 子供の頃の夢は、アメフト選手になる事。
仕事大好き 何もしないでぼーっとしていると逆にストレスが溜まるので、 スタジオで仕事するのが大好きだとか。
ウィルのちょっといい話 アップルがドラッグ中毒になった時、更正施設へ連れて行き、 5分だけでも話してこいとアドバイスして立ち直らせたり、 タブーがドラッグ中毒になった時も、ショッピングに行こうと嘘をついて 更正施設へ連れて行き立ち直らせたというエピソードがある。
カレー カレーハウスCoCo壱番屋が大好きらしい。 インドやタイのカレーより甘い、日本式のカレーを出してくれるし、 家に帰ったような気持ちにさせてくれる味だと絶賛している。
ツアー ツアーや旅行中は、下着を持っていかず、毎週7枚入りの下着を買って、一度はいたら捨てるとか。 ジーンズ5本、セーター3枚、沢山の帽子にアクセサリー類、 タキシードを2着持って旅をしているそうだ。
夢の旅行 ガイドが、ペルーの山々や、マチュピチュに連れて行ってくれるツアーに是非行ってみたいそうだ。